秘伝のタレ

秘伝のタレ

昨日は友人達とBBQ。BBQなんて久しぶりだったのでとても楽しめました。なんか、童心に返って気がして嬉しかったですね。

昨晩からBBQ用に作った秘伝のタレに鶏肉を漬け込んだものを持って参戦。

この秘伝のタレは昔、焼肉居酒屋でバイトしていたときに店長から教えてもらったもの。学生時代にバイトしていたとこだったんですが、残念ながら5年ほど前に閉店しました。

店長も飲食関係からは足を洗うといってたので、このタレを作れるのは、もう私しかいないかもしれませんね。まあ、レシピは内緒なんですけどね。

そうこうしてるうちに、知り合いの焼肉屋の大将が持ってきたA5クラスの能登牛もBBQで頂きました。サーロインステーキをBBQで食うなんてなかなか体験できないよね。

半日たっぷりとBBQを楽しんだあと居酒屋へ。

先日行った地元のイベントの慰労会と反省会を兼ねていたのですが、なんだかなあ・・・な展開になっちゃったので早々に退散。

結局、人の話を聴かない人が一人でもいると、場の空気って悪くなるんですよね。周りのことが見えないっていうかね。ほんと、困ったもんです。

昨日一日中焼肉まみれになっていたお陰で体から部屋から焼肉臭が。

目覚めもほどほどにシャワーを浴びに行く。私は基本的に起きてからシャワーする派で、よっぽどドロだらけになってこない限り寝る前にはシャワーを浴びません。シャワーを浴びると目が冴えて寝れなくなるんだよね。

昨日のBBQで好評だった秘伝のタレにオーダーが早速入りました。いっそタレ屋を始めたら?なんて言われましたが、労働に対する対価が低いのでやらないでしょう。オーダー頂いた方には秘伝のタレを作ってお届けするとしましょう。

ちょっと色々あって朝まで呑んでたのですっかり寝坊しました。寝不足気味だが仕事を淡々とこなしていく。

久しぶりに近所のラーメン屋のとんこつラーメンが食べたくなってツイートしたら、狙い撃ちされたかのようにラーメン食べてるツイートが返ってきました。スナイパーがアチコチにいるなあ。

昨日のBBQで余っちゃった鶏肉を使って創作炒め物。肉には秘伝のタレが染み込んでてミラクルな美味さになりました。

新型アウディA4

子連れの外出

子供をおとなしくさせる、というのは至難の業です。

それが電車の中だったり、病院で待っている時だったり、親としては子供を連れていかなければならない状況にあるときは、できれば周囲の人もなるたけおおらかな気持ちで見守ってもらいたいというのが本音ではあります。

しかし、なにも「子供を連れていかなければならない」という状況や場所でもないにもかかわらず、親の都合や趣味で子供を大人の場所へ連れていく場合には、それこそ、子供を「おとなしくさせる」責任があるのではとも思います。

たとえば、クラシックの音楽会などがそうです。

これはよく話題にのぼることではありますが、やはり、大人向けのコンサートならば、子供がきちんと座っておとなしく音楽を鑑賞できる年齢になるまでは子連れで行かないほうがいいのではないかと思います。今は、いろいろと夏休みなどに子供向けのクラシックイベントも行われていますから、音楽を体験させたいというのであれば、そういう子供向けのコンサートに通うほうが、親も子供も楽しめるのではないでしょうか。

このあたりは微妙なところで、親としては「子供が好きだし、うちの子はおとなしいから」と思って連れてきたら、その日に限ってどうしたわけか機嫌が悪くて泣き出したとか、そういう突発的なこともあるでしょう。

でもそういうことならば、いさぎよくあきらめて退出するのが一番いいのかもしれません。

あるいは、私の友人は夫妻でクラシック好きで本人たちも趣味で演奏するのですが、彼女たちは子供が1歳ぐらいからまず赤ちゃん連れ用の短いコンサートに参加し、子供にもピアノを習わせたりし、その発表会で他の子の演奏をちゃんと聞く、などと段階を積ませながら、だんだんと本格的なコンサートにも連れていくようにしていたようです。それでも「行く前によくコンサートの内容を調べて、子供の好きな曲や耳慣れた曲が演奏されるものや、コンサートホールのほうでも子供の列席を歓迎してくれているかどうかをチェックしたり、なるたけドア近くの隅を予約したり、いろいろ気を遣っている。実際には大人だけでコンサートへ行ったほうがラクだし楽しいけど、子供にも体感してほしいから、そういうときは親は、子供のためと割り切ってコンサートへ行く」と言ってました。

子連れだからどこにも出てくるな、というのでは決してありません。

ただ、大人のための場所に連れてくるときには、連れてくる親のほうがいろいろと配慮してしかるべきなのだろうと思います。